物流業界の転職市場動向~どうなる!?今後の物流業界!!~

カテゴリー:物流天職お役立ちコラム

いつもご覧頂き、ありがとうございます!
今回は、物流業界の動向についてご紹介します。
みなさん、現在の物流業界の市場規模ってご存知でしょうか?
国土交通省の資料によりますと、市場規模は約24兆円であり、なんと日本のGDPの約5%も占めているんです!
また、業界全体の市場規模は右肩上がりで推移しております。
労働人口も約169万人いる大きな業界です。

現在の市場の内訳としては、国内貨物量は横ばいになっていますが、国際物流、個人向け物流(イーコマース)などの貨物量が増えており、今後はさらに増えていくと予想されています。
またオリンピックの影響も受けるのではないかと言われていますが、まだ具体的な予測は立てられていません。

現在の物流企業側の動きとしては、業務拡大や物流の効率化を求めて設備投資の動きを活発化させている企業が多い傾向にあります。
そんな中、物流業界が抱える最も大きな問題として取り上げられているのが「慢性的な人手不足」です。
労働人口の減少が主な原因です。実際にパートやアルバイトを含む賃金相場の上昇を招いており、人材確保に各社苦労しているのが現状です。
またオリンピック開催に伴い他業界との人材の取り合いが発生しているのも大きな要因のひとつとされています。

しかし!
この事実はつまり、物流業界に転職を希望している方々にとってはチャンスがたくさん転がっているということでもあります!
実はこの問題は数年前から起こっており、年々大きくなりつつある問題です。

物流は私たちが日常生活を行う上で欠かせないインフラ機能の役割を果たしています。
その分、物流機能が滞ることで私たちの生活は大きな痛手を被ることになりますし、つまりは、これからもずっと私たちの生活から切り離せない重要なインフラです。
この問題は企業だけでなく行政も一体となって解決していく必要があるでしょう。

弊社では人材紹介サービスを通して、候補者である皆様と物流・荷主企業様の懸け橋となって、こうした課題を解決すべく日々奮闘しています。
候補者様と物流・荷主企業様にとってなくてはならない存在になるべく、最高の転職支援サービスをこれからも提供して参ります。
物流業界で転職をお考えの方は是非、お気軽に弊社の転職支援サービスにお申込み下さい!
弊社一同全力で皆様の転職活動をサポートさせて頂きます!

«