志望動機の書き方

カテゴリー:物流 志望動機

「ロジキャリアップ」を通じて日々、物流・ロジスティクス業界での転職を希望される方とお会いする中で
「志望動機ってどのように書いたらいいですか?」という声をよくいただきます。

 

物流・ロジスティクスの仕事と一言で言ってもその内容は実にさまざま。
今後、このコンサルタントブログを通じて、物流・ロジスティクス業界の様々な仕事にスポットをあてた
志望動機例をご紹介していきたいと思います。

 

志望動機を通じて企業は、転職希望者が、業界のこと、会社のこと、仕事内容などをどの程度理解しているかを判断すると共に、その人がこれまでどのような経験を積んできたのか、その経験が会社にどのような影響を与えてくれるのか、転職を通じてどのような将来ビジョンを描いているのか、そのビジョンはうちの会社で実現が可能か今後の会社の方向性に合っているかを判断しています。

 

そこで、志望動機を書くポイントは以下の3つとなります。

 

①これまで何をやってきたのか

企業の求める人材像を捉えた上で自身の経験を述べ、即戦力として活躍できることをアピールしましょう。
他業界、他職種からの転職の場合は、未経験ではあるけれどもこれまでの職務を通じて学んだことがいかに次の仕事に活かせるのかをアピールしましょう。

 

②何でこの会社なのか

企業の担当者に「この人材に会ってみたい」と思ってもらえるよう、数ある企業の中でなぜこの会社を選んだのか、この会社でなければならない理由を述べましょう。
求人情報や企業ホームページを通じて企業研究をしっかり行うと共に、インターネットやテレビ、新聞など各メディアを通じて、業界や競合他社の情報収集を行うことが重要です。

 

③この会社で何を実現したいか/会社にどんな貢献ができるか

どの企業の担当者も入社後の双方のミスマッチは避けたい、定着・活躍してもらいたいと思うもの。
また、企業が中途採用人材に期待することは即戦力としての活躍でもありますので、入社後の具体的な目標を書くことで定着・活躍への熱意と、企業の方向性と自身の将来ビジョンが一致していることをアピールしましょう。

 

物流志望動機例

物流志望動機例①:国内倉庫保管・マネジメント
物流志望動機例②:SCM・ロジスティクス企画・マネジメント

»